card

卒業式には寄贈テント!地域特有の文化もチェック

卒業式には寄贈テント!地域特有の文化もチェック

小学校・中学校を旅立つための卒業式。
仲の良い友達とも、お世話になった先生ともお別れです。寂しいですが、一緒に過ごした日々を忘れないよう、学校に寄贈テントを贈りませんか。
校名のプリント卒業年度のプリントを行えば、長年受け継がれていきます。卒業式に贈呈すれば、さらにみんなの記憶に刻まれるでしょう。

コストパフォーマンスが良いのは、イベント用テント イージーアップ ドリーム EZUP DR30【3.0m×3.0m】です。3.0m×3.0mとコンパクトで、どんなシーンでも活躍できます。設置・撤収も楽々、たったの1分で完了します。夏の運動会でも使えるUVカット率99%!幕に卒業年度をプリントする、DR30名入れテントセットをプレゼントすれば、使う度に思い出してくれるでしょう。

大人数用が希望なら、イベント用テント イージーアップ デラックス アルミモデル EZUP DXA45【3.0m×4.5m】が向いています!3.0m×4.5mと広く、部活の休憩時にぴったり。プリント込のDXA45名入れテントセットも人気です。さらにワンサイズ上のイベント用テント ・タープ【3.0m×6.0m】なら、広々として快適!全校集会や運動会はもちろん、簡易救護スペースにもなりますよ。

 

 

卒業式では、感謝の気持を込めて寄贈テントを贈りましょう。今回は、卒業式の内容に注目してみました。沖縄と秋田では、独特の文化が発展しているようです。あなたの地域も、実は特殊かもしれません。確認してみましょう。

沖縄では、2月下旬にスーパーなどで不思議な張り紙が貼られます。内容は、「学生へ小麦粉・卵・ケチャップ・マヨネーズなどの販売を自粛します。」といったもの。実は、卒業生に小麦粉などをかけるのです。もともとは紙吹雪の代用だったらしいのですが、小麦粉では真っ白になってしまいますね。最近は店舗・学校側が規制するため、あまり見られなくなったそうです。

卒業ソングとしては、『3月9日(レミオロメン)』や『YELL(いきものがかり)』、『贈る言葉(海援隊)』が定番ですよね。では、『大いなる秋田』という曲をご存知でしょうか。秋田を称える歌詞になっており、卒業式でよく歌われています。このように、自分たちや子どもたちが当たり前に知っていた曲が、実は地域特有の歌だったなんてこともあるかもしれませんね。

 

カテゴリ: ワンタッチテントについて
UPDATE: 2019/11/11

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

PAGE
TOP