card

寄贈テントは白色が人気!定番で長く使える

寄贈テントは白色が人気!定番で長く使える

年が明け、本格的に寒くなりましたね。
子どもがお世話になった教育機関(保育園・幼稚園・小学校・中学校)への寄贈品はもうお決まりでしょうか。スタンダードは寄贈テント。中でも、白い天幕がおすすめです。どんな行事にも使えるため、長年大事に使ってもらえるはずです。

普段使いの寄贈テントをプレゼントするなら、イベント用テント イージーアップ ドリーム EZUP DR30【3.0m×3.0m】がぴったりです。3.0m×3.0mと小型で、重量は24.5Kgと軽め。設置や撤収も簡単で、大人2人いればたったの1分で完了します。テントの天幕・垂幕に卒業年度や園名をプリントできるDR30名入れテントセットもご検討ください。

入学式などで受付として使うなら、イベント用テント イージーアップ デラックス アルミモデル EZUP DXA45【3.0m×4.5m】がぴったりです。3.0m×4.5mと横長で、テーブルの上に設置することが可能です。また、プリント込のDXA45名入れテントセットならよく目立ちます。さらに、運動会の本部として使いやすいのがイベント用テント ・タープ【3.0m×6.0m】。大型テントなので収容人数が多く、真夏でも涼しい風を感じられます。

 

 

みなさんは寄贈テントと聞いて、何色のテントを思い浮かべるでしょうか?メジャーなのは白色ですよね。他にも青色・黄色・緑色・赤色のテントも展開されています。ですが、白色の天幕に、学校名などが黒い文字でプリントされているものが一番人気です。なぜ白色が選ばれるのか、理由を説明します。

①用途を選ばない
白色の天幕であれば、運動会・卒業式・入学式・バザーなどどんな行事にも合います。他のカラーだと、どうしても用途が限定されてしまいますよね。例えば、青色の天幕のテントは卒業式には少し目立ちすぎてしまいます。そのため、応用の効く白色が便利です。

②文字が映える
天幕に学校名・卒業年度などを印刷するなら、白色の天幕が見えやすいです。背景が白であれば、文字色は黒・赤・黄などがキレイに映ります。遠くからでも文字が読みやすいのが嬉しいですね。地域の方が集まる時や自然災害で避難する時にも安心です。
 

カテゴリ: イベント用テントの寄贈について
UPDATE: 2020/01/14

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

PAGE
TOP