タープテントとは?テントとの違い・使い道

タープテントとは?テントとの違い・使い道

キャンプ・イベントなどを行う際、「タープテント」という単語を耳にしたことはありませんか?「テントとどう違うの?」「使い方は同じ?」と疑問に思う方もいると思います。今回はおすすめの「タープテント」を紹介します。加えて「タープテント」とは何かを説明します。

初めての「タープテント」には、イベント用タープテント【3.0m×3.0m】T3030!3.0m×3.0mの正方形ワンタッチタープテントです。コンパクトながら収容人数は8人〜12人目安と、どんなシーンにも活躍します。町内会の集まりや、学校やチームへの寄贈品としても選ばれています。

企業イベントの展示会などで使う「タープテント」には【イベント用タープテント】【3.0m×4.5m】T30453.0m×4.5mと広く、テントの設営・片付けも1分で楽々、使いやすさが抜群です。防炎・防水機能も兼ね備えており、お祭りの屋台にもぴったりです。

保育園・幼稚園・小学校・中学校などの運動会には【イベント用タープテント】【3.0m×6.0m】T3060!20人から30人を収容できるため、生徒はもちろん先生や来賓の方々も快適な空間で過ごせます。「タープテント」とは、教育機関や企業問わず、人が集まる場では欠かせないアイテムです。

 

 

おすすめ「タープテント」のご紹介をしました。「タープテント」とは、一般的なテントと異なります。その違いや使い道を確認しましょう。

テントとは屋根・壁や床で囲まれた空間を作ります。日光・紫外線だけでなく、まわりからの視線もカットします。イメージは眠れるような場所です。そのため、テントは主にキャンプで使われます。

一方で、「タープテント」とは、基本的に屋根しかないものを指します。横幕が一部ついている商品もありますが、囲うほどではないため開放感を感じられます。また、設営も簡単なものが多く、場所を取らずに設置できるというメリットがあります。さらに、日除け・雨よけをしながらバザー・イベントや行事などを行えます。

おすすめ「タープテント」「タープテント」とは何かについてまとめました。「タープテント」とは四方を幕で囲まれていないテントです。日陰を確保しつつ、風を通します。「タープテント」があれば、夏の暑い日でも小雨が降った時でもイベントを遂行できます。

 

 

 

 

カテゴリ: イベント用テントの寄贈について
UPDATE: 2020/03/17

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

PAGE
TOP