夏季休業のお知らせ

card

運動会はテントがあっても暑い!?暑さ対策に簡易のタープテント

小学校の運動会と聞くと…

 

紅白帽やお弁当、玉入れ、リレーと良い思い出がある反面、昔はテントもなかったのでとにかく暑かったことを思い出します。

特に、近年は温暖化で猛暑のなか運動会が開催されて子供たちも、保護者にとっても大変な環境です。

そこで今回は「運動会での暑さ対策、日よけ対策

 

についてご紹介したいと思います。


■目次

1.最も簡単な日焼け・暑さ対策にテント
2.テント持ち込みはよいのか
3.タープテントはダメ?

 

1.簡単な日焼け・暑さ対策には簡易のタープテント

タープテント熱中症予防

運動会は炎天下で行われることが多く、日光を浴びる機会が多くなり、

 

肌が真っ赤になるほど焼けて、痛くなった覚えがありませんか。


そこで日焼けが、嫌で運動会は大変だと感じている人もいることでしょう。

日焼け対策の基本としては、日光を浴びないことです。

 

そのためには、帽子やスカーフ、日焼け止めが当たり前になっています。最近では、腕抜きやレギンスを身に付けることも一つの方法です。

この時に気をつけることがあり、身に付ける生地がUVカットをしているかどうかです。

 

生地がUVカットでなければ、日焼け対策にはなりません。


また、日焼け止めは、SPF値が15以上の物を勧められています。


このように、自分で日焼けから守ることも大切ですが、もっと簡単に日焼けから守る方法があります。

その方法は、簡易テントです。

 

近頃は運動会の時に、暑さ対策として簡易テントの持ち込みを許可している学校があります。


簡易テントがあれば、テントの中にいる人を日焼けから守ることができるでしょう。


<コチラの記事も読まれています>
●【初心者必見】タープ・テントとは?タープテントならアイテント

 

 

2.テント持ち込みはよいのか

運動会当日の空

さて、近年、温暖化で気温が上がり、運動会の時に熱中症のリスクが大きくあがっています。


実際に熱中症になってしまえば、すぐ報道され、次回の運動会の実施に大きな影響が出てしまいますよね。


そのため、学校側は、熱中症対策の一環としてテントをOKにしているところもあるようです。

さて、テントと聞くとどのようなものを思い浮かべますか。


運動会のテントといえば、昔からある白い天幕で、沢山の人が収容可能なテントを連想する方が多いでしょう。

近頃の運動会ではポップアップテントの人気がありますので、まずはこちらの特徴を紹介します。

◯ポップアップテントの特徴

◯設置方法
ポップアップテントは、収納袋から出して、広げるだけで、簡単に設置ができます。

◯持ち運び
多くのポップアップテントは、収納袋に収まっており、肩からかけることが出来、軽量な為に一人で簡単に運べます。

◯フレーム
ポップアップテントのフレームが、ワイヤーでできています。そのため、小さく収納でき、軽量です。

◯生地
UVカットの薄手のもので、防水性があるものが多くあります。

◯課題
ポップアップテントは三面が生地で囲まれ、視界を塞ぐ可能性があります。


また、フレームがワイヤーのため軽量であり、テント自体が風によって大きく揺れてしまい、

 

風によっては、簡単に飛ばされてしまうことすら考えられます。


最後に、生地が薄い分、UV性能はありますが、遮光性が低く、テント内が暑くなることもあるのです。

このように、ポップアップテントは軽量で持ち運びに優れています。

その反面、風の影響を直に受け、強風であれば簡単に吹き飛ばされてしまうデメリットもあります。

そこで、ポップアップテントの課題をクリアするテントとして、ワンタッチタープテントをお勧めしています。


簡単にタープテントについて紹介します。

◯タープテントの特徴

◯設置方法
タープテントのフレームの脚を広げて、天幕をマジックテープでつけます。

 

そのあとで、脚の高さを調整すると設置は終了です。


実際に大人二人いると、1分程度で設置が可能となっています。

◯持ち運び
ワンタッチタープテントは、収納袋が付いているので、担いで運べます。

 

ただし、タープテントよりは重いので、二人で運ぶことがオススメです。


中には収納袋の底に車輪が付いているものがあり、転がしながら運べるものがあります。

 

購入する時に、確認してみてください。

 


◯フレーム
ワンタッチタープテントのフレームは、アルミまたはスチールで出来ており、しっかりとして頑丈な物が多くあります。


そのため、簡単に壊れることなく、重量もしっかりあるので、風で吹き飛ぶことはありません。

 


◯周りの視界
ワンタッチタープテントは天幕のみで、壁がありません。また、脚の高さを5段階で、調整が可能です。


そのため、天幕が邪魔になることはなく、後ろから見る人の視界を塞ぐことはありません。

 


◯生地
タープテントの生地は、防水性はもとより、防炎性も備わっています。

 

そのため、遮光性も高く、テントの下にいても日光によって暑くなることはありません。

 


このようにワンタッチタープテントは、性能としてもポップアップテントより性能が上です。


特に頑丈である分、重さがあります。そのため運ぶ時は少し大変かもしれません。


しかし、ワンタッチタープテントは、ポップアップテントよりも重いために、安定感があり、風にも強いことが特徴的です。

 

 

3.タープテントはダメ?

運動会に最適なタープテント特集

運動会で多くの人は、ポップアップテントを持っていきています。
これから運動会の用意をする人は、周りと同じように、ポップアップテントにする人がたくさんいるようです。

ただ、学校によって持ち込むテントのルールが、変わることがあります。

しかし、テントの指定をしていない学校がほとんどです。

代わりに多くの学校はサイズの規定を行っているようです。

ただし、ワンタッチテントを使うと、周りと違うので、浮いてしまうことを嫌がる人もいるはずですが、

テントによる違いがあると、自分のテントを見つける時に便利です。

特に運動会で、子供が踊ったりする時には、テントが違うデザインであれば見つけやすいはずです。

そうして、子供は両親へのアピールしやすくなるので、子供のやる気アップにつながることでしょう。

さらに、紹介しているタープテントはプリントも可能なので、よりお子様が見つけやすいのでおすすめしています。

タープテント暑さ対策としてもよく、周りと違うことで区別されるよさがあります。

これからの運動会の季節に合わせて、タープテントの購入を考えてはいかがでしょうか?
 


お問い合わせ

 

<関連記事>

●【初心者必見】タープ・テントとは?タープテントならアイテント
●タープテントおすすめ5選!人気商品をご紹介
●タープテントがおすすめ!|人気順のランキング紹介
●【バーベキュー】タープテントを使用するメリットとは?

 

 

<人気の記事>
●卒団記念品・卒業生の寄贈品にイベント用テントを是非どうぞ!

カテゴリ: コラム
UPDATE: 2020/07/06

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

PAGE
TOP