card

【日除けテント】サンシェードにワンタッチタープ!

サンシェードにワンタッチタープはいかがですか?

この時期、地域によっては、まさに春休みに入っている学校もありますね。さらっとした暖かさの中でアウトドアを楽しみたいけど、日焼けが気になるとお悩みの人が結構多いのではないでしょうか?

そんな方のために、ワンタッチタープのサンシェードがおすすめです。

 

弊社アイテントでは、多数のワンタッチタープテントを取り扱っておりますので、既にテントをご検討中の方は是非一度お問い合わせください!

 

テントというと骨組みを繋ぎ合わせて、天幕を付けて組立てと時間がかかるものと思われている方が多いはず。

 

しかし、ワンタッチタープは開くだけの簡単設営が可能!天幕も付けたまま収納が可能です!


また、ワンタッチタープのサンシェードは荷物が多い場合でも持ち運びが簡単で、設営・収納に時間がかかりません。


少しずつ日差しが強くなり始めるこの時期だからこそ、テントに注目していただきたいと思います。

今回はサンシェードにワンタッチタープがおすすめな理由をご紹介いたします。


<目次>
■サンシェードの活用方法 
■ワンタッチタープとサンシェードの違いとは? 
■サンシェードを生かした実際の使用シーン

 

 サンシェードの活用方法

サンシェード_赤

●そもそもサンシェードとは?
サンシェードとは、日除け用具の総称を指す言葉です。
そのなかでも一般的には、キャンプ用品として最も知られているのではないでしょうか?
テントなどの代わりとしても使用されるサンシェードですが、実はキャンプ以外にも様々なシーンで活躍している便利なアイテムです。


●サンシェードの有効活用
まずは、サンシェードの仕様について見ていきましょう。サンシェード自体はとても軽量なため、気軽に持ち運びできます。そのため、キャンプ以外にもピクニックなど天気が良い日のお出かけなどにも最適なアイテムで、サンシェードのおかげで日差しの眩しさを気にすること無くピクニックを楽しむことが出来ます。また、お出かけの他にも自宅のお庭やガーデニングのお供としても優秀なので大変おすすめなアイテムです。


●野外フェスなどのイベントに大活躍
近くへのお出かけにも最適なサンシェードですが、軽量ということは遠出にもピッタリです。屋外イベントで休憩所があっても、人が多くてなかなか入れない…。といった場合もあります。そんなときに、サンシェードがあると便利です。

イベントで疲れてしまった際に、自分だけの休憩所を設けることができます。
とはいえ、イベントによってはサンシェード持参禁止の場合もありますので、必ず開催要項などをチェックしておいてくださいね。

●海水浴・プールなどの日除けに
海水浴やプールなど夏のアウトドアには、紫外線対策が重要です。
日差しを多く浴びる環境には日除けが不可欠ですが、サンシェードがあれば日差しを遮る空間を簡単に作ることができます。強い日差しにあたっていると、あっという間に日焼けしてしまいますし体力も消耗し、熱中症の危険もあり大変危険です。サンシェードを利用して、しっかり熱中症対策をしましょう。
 

 

ワンタッチタープとサンシェードの違いとは?


ワンタッチタープ、サンシェードともに役割りは「日除け」という点に変わりありません。
ただし、持ち運びや設営の手間、仕様に違いがあります。

●サンシェードは一人でも組立てが簡単
サンシェードは通常のタープ・ワンタッチタープなどと異なり、一人でも組立てが簡単に出来ます。サンシェードの構造が日除けの天井部分と支柱だけという最小限になっています。そのため、日除けがすぐに必要な環境において手間をかけずにすぐ設営できるところが大きなメリットです。ただし、超軽量なため風に弱いというデメリットもあるので要注意です。

●ワンタッチタープの設営
ワンタッチタープはサイズが大きいものほど日陰の面積を広げることが可能です。そのため、日除けの他にも風除け・雨除けとしても活躍しています。ただし、サンシェードと同様にコンパクトサイズで軽量なものは風に弱いので、使用するシーンによってはペグやウエイトなど風対策が必須となる場合がありますので要注意です。

ワンタッチタープは設営や収納は最小人数2人からとサンシェードと違いがありますが、簡単に設営できるものであることは、サンシェードと変わりありません。高さも確保したい場合などはワンタッチタープを使用することが適切と言えるでしょう。

 

 

 

 

サンシェードを生かした実際の使用シーン

キャンプのタープテント

●サンシェードで屋外リビング
下に椅子やテーブルを設置することで、屋外リビングの空間を作ることが出来ます。この場合天井までの高さが必要になるため、ワンタッチタープを使用することが最適ではないでしょうか。ワンタッチタープのサイズによっては大きなソファなども設置可能ですので、屋外リビングを検討されている方は是非チェックしてみてください。


●サンシェードとテントの組合わせ
サンシェードとテントを組み合わせて、屋外ダイニングとリビングのスペースを分けることも可能です。こういった組み合わせはキャンプでよく見られますが、自宅のお庭やベランダなどでも使用することが出来ます。キャンプ以外にも、自宅の中でも屋外ランチなど特別な空間を作り出せるため、大変おすすめです。


●春の陽気にアウトドア!
この春休みにご家族やご友人と春バーベキューをして、楽しい春休みの思い出を作りましょう。
新ジャガイモ、新玉ねぎなど、美味しい春野菜を持ち寄り、春の陽気の中でバーベキューをするのがおすすめです。

卒業などでバタバタと過ごした3月から、新年度が始まるまでの間にほっと一息しましょう。
準備が大変だと感じるバーベキューですが、アイテントのイベント用テントであればワンタッチで設営が出来るので、取り入れるだけでテントの組み立てに時間を割かれる事もなく、心おきなく楽しむことが出来ます。

おすすめしたいのが、「イージーアップテント」のDMJ29DMJ35!
かんたん・高機能・リーズナブルという魅力を兼ね備えたワンタッチタープテントです。

【イージーアップ】ワンタッチタープテント2.9m×2.9m(8~12人用) ビスタ DMJ29
イージーアップ・タープテントDMJ29

テントのサイズは2.9m×2.9mのコンパクトサイズながら、天幕はUVカット99%の強い日差しをカット。軽量素材で持ち運びが簡単です。さらに、簡単に設営が可能なワンタッチタープで準備にかかる時間や手間を一気に省くことができます。一般的にはお庭でのBBQや海水浴の日除けテントとして使用される他、少年スポーツクラブのチームテントとしても人気なワンタッチタープです。


【イージーアップ】ワンタッチタープテント3.5m×3.5m(15人用) ビスタ DMJ35
イージーアップ・タープテントDMJ35

【DMJ35】DMJ35は3.5m×3.5mと、DMJ29のサイズアップテントにあたります。UVカットの丈夫な天幕仕様はそのまま、撥水性もあり多少の雨なら弾くことができます。DMJ29より少しサイズが大きいので、より人数が増えた状況での仕様に向いています。

リーズナブルな価格とは反対に、防炎・防水などの確かな機能を持ち合わせています。
天幕と一体になっている半横幕付きのテントも用意していますので、面倒な追加作業をすることなく、ワンタッチで多方向からの日除けが可能です。


アイテント (2.7m×2.7m) 6~8人用 T2754


2.7m角のワンタッチタープです。他のタープテントと異なり、T2727は半横幕が付いていることが特徴です。アウトドア、バーベキューや海水浴でもタープテントとして活躍しています。テントの半横幕は折り曲げて収納することも可能です。


アイテント (2.7m×5.4m) 18~20人用 T2754


5.4m角のワンタッチタープテントで、T2727のサイズアップテントにあたります。
横幅が5.4mの大型ワンタッチタープですので、学校行事に使用するテントや自治体などのイベント、炊き出しにも最適な大きさとなっています。天幕、フレームともに丈夫で簡単に設営できる大型ワンタッチタープとして幅広い層のお客様にご使用いただいております。

ワンタッチタープはサンシェードとしても機能するので、海水浴、バーベキューなどのアウトドアでの強い紫外線からの日除けテントとしての使用に大活躍です。

この他にも、アメリカのテントブランドNo.1のイージーアップ・テント。耐久性や使い勝手の良さからとても人気のアイテムです。


イージーアップ (3.0m×3.0m) 8~12人用 DR30
イージーアップ・タープテントDR30

「DR30 (3.0m×3.0m) イージアップ ドリーム テント」は、骨組みがスチール素材で風に強く、防水性や防炎もあり、天幕も250デニールと厚手で、しっかりとした安心できるテント。


イージーアップ (3.0m×4.5m) 8~12人用 DXA45
イージーアップ・タープテントDXA45

「DXA45 (3.0m×4.5m) イージアップ デラックス アルミ テント」は航空機や自動車などの構造材などによく使われているアルミ素材(A6061-T6)を使用していますので、強度と耐久性をともに確保しながら軽量化を実現したテントです。

同じサイズで少しコストを抑えたいという方には、アイテントオリジナル商品の「イベント用テント 3.0m×4.5m アイテント」がおすすめです。
ワイドサイズをそのまま使用するのも良し、セミワイドモデルを並べて使用するのも良し。
利用用途によってサイズ、価格など、納得できる内容でお選び頂けますので、テント選びに苦労されている方に是非チェックして頂きたいアイテムです。



「どうも、どれを選んだらいいのか分からない・・・。」「使用用途に合ったテントがどれなのか分からない・・・。」など、ご不安な方は是非お気軽にお問い合わせください。
当店スタッフがご不安を解消して頂けるよう、お手伝いさせて頂きます。

 


お問い合わせ

 

 

 

<関連記事>

●タープテントおすすめ5選!人気商品をご紹介
●タープテントとは?テントとの違い・使い道
●【ワンタッチタープテント】人気でおすすめなテント一覧
●【初心者必見】タープ・テントとは?タープテントならアイテント

 

 

 

 

 

カテゴリ: ワンタッチテントについて
UPDATE: 2019/03/25

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

PAGE
TOP