card

お手軽・コンパクト|サンシェードにはタープテント!

サンシェードにタープテントを活用しよう!

冬が終わりだんだん暖かくなってくると、気軽に外へ出かけることも増えるでしょう。


暖かい季節のアウトドアといえば、春はお花見やバーベキュー、ピクニック。夏はやっぱり海辺や河原などの水辺でバーベキューというのが鉄板ですよね。

しかし、お出かけの際に気をつけたいのが日差しです。

夏は紫外線が強く気温も高くなりやすいので、熱中症などへの対策が必須です。

 

また、春の場合も気温はそこまで高くありませんが、日差しの強い日に長時間外で活動していると熱中症のリスクが上がり大変危険。


お出かけ日和にはサンシェードを持参しておくと、好きなところで日陰と自分だけの休憩スペースが設置できて便利です。こんな風にアウトドアを楽しみたいけど、アウトドアの準備は大変!とお悩みになる方もいらっしゃるかと思います。

こんな時にあると便利なのが、コンパクトに持ち運びできるタープテントなのです。

少人数用であれば軽量かつコンパクトに収納できて、遠出の際も手軽に使用できるためオススメです。タープといえば、日陰を作るサンシェードとしての役割が大きいですが、雨よけとしても持っておいて損はありません。

タープテントの特徴は、一般的なタープと呼ばれる布やテントよりも組み立てが簡単で、テントと異なり高さに余裕があり開放的な日陰のある空間を作り出せるところにあります。

しかし、タープやテント、サンシェードの違いをあまり知らない方が多いのです。
今回はサンシェードにタープテントを使用することのメリットについてご紹介し、

タープテントについて知っていただければ嬉しいです。


■目次

用途に合わせて選ぶタープテント
サンシェードにコンパクトなタープテント!
サンシェード用タープテントのまとめ



タープテントとは?タープテントについての詳しい記事はコチラ

 

サンシェード・雨よけに|用途に合わせて選ぶタープテント


ビーチ・タープテント

●目的、人数に合ったものを選ぶ
タープテントは日差しを遮るためのサンシェードとしての役割を持っていますが、日陰の中に人が入れないのでは意味がありません。まずは使用目的や人数に応じて、適切なテントサイズを選択しましょう。十分な大きさのタープテントであれば、大人数も収容できます。また、コンパクトサイズでも3-4人程度まで広々と使用できますし、人数が少なくてもコンパクトに収納して持ち運びも簡単でオススメです。


●ワンタッチで設営できるか
ワンタッチタープテントであれば、簡単に設営することが出来ます。設営の工程はフレームを開いて足を伸ばすだけ。サンシェードなどに使用するコンパクトサイズのタープテントであれば、一人でも気軽に設営することが可能です。ただし、ワンタッチ式の構造上、大型のタープテントになるほど重量が一気に大きくなるため要注意です。


●プライベートルームの確保
タープテントの中には標準で横幕が付属しているものがありますが、全面を覆う「フルクローズ」のタープテントはなかなかありません。しかし、横幕(サイドシート)を利用することで、全方位からの視線を遮る空間を作りだすことが出来ます。

タープも同様に覆う面を指定することがかのうですが、布地とポールで設営するタープとなると装備品が多い上に、完全に視線を遮ることが出来ません。タープと比較してもタープテントはとてもコンパクトで、持ち運び・プライベートルームを作り出すなどの利便性に大変優れているのではないでしょうか。

横幕の他にも重りや雨樋などのオプションパーツもあるため、タープテントの購入をご検討されている場合は、予めチェックしておくことをオススメします。

 

 

サンシェードにコンパクトなタープテント!

キャンプ・バーベキュー用テント特集

●夏は海水浴!サンシェードにタープテントが大活躍!
夏のビーチ。日差しを遮るものがないと、とても暑いですよね。熱中症も気を付けたいです。そんなときはワンタッチテントを使ってみませんか。日陰を作れますし、荷物置き場として使うこともでき、人気があるんですよ。購入する際は、持ち運びしやすいか・コンパクトに収納できるかをチェックしましょう。海水浴に使う浮き輪やチェアと一緒に、車に詰め込みたいですよね。

■アイテント・タープテント(1.8m×1.8m) T1818


ビーチでの日除けテントをお探しなら、「イベント用テント・タープ T1818」!設営や撤収が面倒くさい、そんな方におすすめ。サクッとワンタッチで組み立てられます。サイズは1.8m×1.8mで、アイテントオリジナルテントの最小モデルです。天幕の色は青と白の2種類。16.8kgと軽いので、大人一人でも持ち運び可能ですよ。さらにUVカット率 99%なので、日焼けが気になる女性にぴったりです。

■アイテント・タープテント(2.7m×2.7m) T2727


日差しをもっと遮りたい、そんなときは「半横幕付き イベント用テント・タープ T2727」はいかがでしょうか。こちらは、先述のテントよりひと回り大きいサイズで、半横幕が付いています。2.7m×2.7mと広いので、人数が多くなっても安心ですね。また、19.0kgと軽いのも嬉しい点です。テントの半横幕を折りたたんだり、支柱の高さを調節したりと、状況に合わせて使えますよ。

■イージーアップ・タープテント(2.9m×2.9m) DMJ29


コンパクトサイズのタープテントで特に大人気なテントは「イージーアップ・タープテント  DMJ29 」!2.9m×2.9mサイズで超軽量。コンパクトサイズのタープテントで、キャンプのバーベキューやプール、子供達のサッカーや野球の試合観戦に大変人気です。横幕は標準で付いてはいませんが、オプション品で横幕をつけることも可能です。コンパクトで持ち運びも簡単にできますから、ご家族での使用にも向いていて大変オススメです。

■イージーアップ・タープテント(3.5m×3.5m) DMJ35


DMJ29のサイズアップバージョン、「イージーアップ・タープテント DMJ35」!サイズは3.5m×3.5mでありながら、超軽量設計になっています。大きさも十分で5~6人程度が余裕を持って使用することが出来ますし、女性にも優しい扱いやすいコンパクトサイズのタープテントです。こちらもDMJ29と同じく、キャンプやバーベキューなどの使用に最適です。
 

 

 

 

 

サンシェード用タープテントのまとめ

キャンプとタープテント

気軽にお出かけして楽しみたいアウトドア。そんな時に準備に手間取ったり、時間を取られたくはないですよね。


サンシェードに使用できるテント、タープなどももちろん便利なアイテムですが、簡単に設営できて広々と開放的な空間を作り出せるタープテントがあれば、アウトドア初心者でも楽しくキャンプやバーベキューのイベントを楽しめること間違いなしです!

タープテントの選び方で迷われている方は、是非一度弊社スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

お悩みの解消にご協力させていただきます。

 


お問い合わせ

 

 

 

<関連記事>

●タープテントおすすめ5選!人気商品をご紹介
●タープテントとは?テントとの違い・使い道
●【バーベキュー】タープテントを使用するメリットとは?
●【初心者必見】タープ・テントとは?タープテントならアイテント

 

 

 

 

 

カテゴリ: テント選びについて
UPDATE: 2019/06/27

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

PAGE
TOP