card

運動会におすすめのテント5選!タープテントの種類・サイズとは

運動会のテント選びは難しい!?

みなさん、こんにちは。

春(5~6月)、秋(9~10月)は

どこの学校も運動会シーズンですね。


小学校の運動会は子供の成長を間近で見ることが出来るため、毎年楽しみにしていらっしゃる保護者の方も多いと思います。

走る姿を応援するため、必要なアイテムはたくさんありますよね。お弁当にお皿、お箸。クーラーボックスとドリンク。椅子や脚立にミニテーブル。場所取りや休憩場所として、以前ではブルーシートが使われています。

昨今、注目を集めているのが運動会テントです。風でめくれる心配は無く、屋根もあり快適な空間で過ごせるんです。

この時期は比較的過ごしやすい気温ですが、日差しの強い日もあります。ところによっては真夏の様な炎天下になるケースもありますから、熱中症対策もふまえ、日よけ用にテントを準備しておくと大変便利です。

学校側の共用テントもありますが、場所とりが出来なかったり、ご家族全員が入れなかったりする場合もあり、「仕方がなく木陰で休憩していたが、日陰が無くなってしまい苦労してしまった。」という体験談も聞きます。

こういった苦労をしないためにも、各自持参が許可されている場合は、運動会用のテントを準備しておきましょう。

とはいえ、あまりテントを使用した経験のない方は、どれを買えば良いのか迷ってしまわれると思います。また、「設営に時間をとられたくない」「簡単に使用できるテントを知りたい」と言う方もいらっしゃるかと思います。

そこで、『運動会テント』にオススメのテントについて、サイズや種類、選ぶポイントについて詳しくご紹介したいと思います。

■目次

1.運動会におすすめのワンタッチタープテント
2.運動会用テントにワンタッチタープをおすすめする理由
3.運動会に適切なサイズのタープテントとは?
4.運動会に丁度良いサイズ!ワンタッチタープテント5選
5.まとめ



<コチラの記事も読まれています>
●【寄贈用】名入れテントをお探しの方必見!

 

 

1.運動会におすすめのワンタッチタープテント

タープテント_2

●テントを探す、その前に
まずはじめに、保護者の方がテントを持参しても良いかどうかを調べましょう。

基本的にご家族でテントを持参する場合や、学校側でテントを完備してもらえる、もしくはテントの持参を完全に禁止しているところもあります。

また、テントの種類も厳密に決められている場合もあります。

これは学校によって条件が異なる場合があるので、必ず学校側に確認しましょう。

こちらの確認が宜しければ、運動会用のテントを実際に見ていきましょう。

●運動会におすすめのテント:ワンタッチタープテント
ワンタッチタープテントは、名前の通りワンタッチ式で簡単に設営できる自立式のタープテントを指します。

このワンタッチタープテントは、主にキャンプや浜辺でのBBQといったアウトドア・レジャー、

フリーマーケットや各種スポーツイベントなど、様々なシーンに利用されている便利な簡易テントです。

サンシェードやキャンプの宿泊用テントと異なり、特徴として、四方に壁が無く、天井部分の天幕が付いているテントで、杭などで脚を固定しなくても自立するタープというと分かりやすいかもしれません。

また、天井まで十分な高さがあり、壁が無いためとても開放的な日陰スペースを作ることができるのも、

ワンタッチタープならではの魅力と言えます。

<タープテントについての詳しい記事はコチラ>
→【初心者必見】タープテントとは?

 

 

2.運動会用テントにワンタッチタープをおすすめする理由

運動会のテント_2

運動会に適切なタープテントをおすすめしたいのは、以下の理由があるためです。

●軽量で持ち運びしやすいタープテント
ワンタッチタープテント簡易テントですから、

構造上の関係でコンパクトサイズ(2m~3m程度)のテントは特に軽量です。
総重量は骨組みがしっかりしているものでも、10kg~20kg程度で持ち運びしやすい重量になっています。

●一人でも簡単に設営できるタープテント
通常のタープと異なり、一から部品を組み立てたりポールやペグを設置する必要が無く、非常にシンプルです。

設営作業の手順は、①支柱を開く、②四隅の支柱脚を引き上げるの2stepだけとなっています。
設営に手間がかからないですし、最低限のスペースで邪魔にならずに設営・収納作業までを行えます。

●開放的で快適な空間を確保できる
タープや一般的なテントというと、屈んで利用するものがほとんどで、

四面を壁で囲っているため、外からの視線もあまり気になりません。
しかし、この状態では、どうしても閉塞感を感じてしまいますし、テント内からの撮影もし辛いです。

ワンタッチタープテントなら、天井まで距離があるため、とても開放的に使用出来、日陰でしっかり休息をとることが出来ます。

●中に熱がこもらない
ドーム型の低いテントですと、日差しが強い日にはどうしても熱がこもってしまいがちでした。

ワンタッチタープテントは4方面に壁が無く、風通しが良く、日陰を作ることが出来るため、熱中症対策のアイテムとして注目されています。

 

 

3.運動会に適切なサイズのタープテントとは?

運動会の風景_3

テントのサイズは選びはとても重要です。というのも、人数が多すぎてはみ出てしまう人が出てきてしまうと、

せっかくの日陰の意味が無くなってしまいます。

とはいえ、これまでテントを全然知らなかった方にとって、テント選びで一番むずかしいポイントだと思います。

サイズは使用人数や、テーブルや椅子を置くかの環境によっても変わりますので、使用する環境を想定して考えましょう。
使用人数の目安について簡単にまとめますと、以下のとおりです。

●1~2人用【1.8m×1.8m】
最小サイズのタープテントで、小さいお子さんとご両親の利用に向いています。幼稚園・保育園の後に小学校でも利用をお考えの場合は、このサイズより大きいサイズが適切です。

●2~3人用【2.0m×2.0m】
運動会で使用する最小サイズはこちらです。
4人でもギリギリ利用することが出来ますが、テーブルや椅子などを設置することを考えると、4人の場合は日陰から飛び出てしまう場合があります。

●3~4人用【2.5m×2.5m】
4人家族で余裕を持って利用できる、コンパクトサイズです。
椅子やテーブルを設置、荷物を置いても余裕を持って使用できます。

●4~6人用【3.0m~3.5m】
4人以上のご家族、ご友人と一緒なら3.0m以上のテントが最適です。
3.5mサイズのテントであれば、より広々と余裕を持ってスペースを活用することができますので、荷物が多い場合にはこちらがおすすめです。

※持参用のテントは、テントの種類・大きさなどに制限を設けている場合があるため、

必ず学校に確認しましょう。

 

 

4.運動会に丁度良いサイズ!ワンタッチタープテント5選

運動会に最適なタープテント特集一覧

運動会にピッタリなワンタッチタープテントの一覧をご紹介いたします。

■アイテントオリジナル・ワンタッチタープテントT1818


アイテントオリジナル・ワンタッチタープテントT1818は、【1.8m×1.8m】と最小サイズのテントです。

小型サイズのテントですが、スチール製の骨組みで、耐久性としっかりとした安定感があります。

幼稚園や保育園の運動会など、小さいお子様との利用や、持参用テントのサイズに制限がある場合におすすめです。

■イージーアップ・ワンタッチタープテントDMJ29


アメリカのワンタッチテントメーカー、イージーアップワンタッチタープテントです。

【2.9m×2.9m】とコンパクトサイズながら、総重量は12.6kgと大変軽量で、女性の方にも安心してご使用いただけます。

フレームはスチール製軽量化フレームのため、耐久性はアイテントシリーズの方が高いです。

■アイテントオリジナル・ワンタッチタープテントT3030


4人のご家族での使用がご希望なら、アイテントオリジナル・ワンタッチタープテント【3.0m×3.0m】をおすすめします。

たったの1分で設置・撤収が完了します。天幕の取り外しの手間も無く、短時間で準備可能。夫婦でパパッと組み立てできるんです。

3.0m×3.0mとコンパクトだから、他の保護者の邪魔にもなりません。運動会はもちろん、バザーの出店にも便利です。

【DMJ35】■イージーアップ・ワンタッチタープテント DMJ35


さきほどご紹介したイージーアップ・ワンタッチタープテントDMJ29のサイズアップモデルになります。

こちらもスチール製軽量化フレームで、総重量は15.7kgと大変軽量です。

4人~6人の使用に向いており、ご家族やご友人と利用される場合はコチラがおすすめです。

■アイテントオリジナル・ワンタッチタープテントT3045


学校側の共用テントには、アイテントオリジナル・ワンタッチタープテントT3045【3.0m×4.5m】がイチオシです。

3.0m×4.5mと横長サイズ。保育園・幼稚園・小学校の先生やPTAの皆様にも選ばれています。

日差しをカットしつつ、心地よい風を感じられます。来賓席にも向いています。

 


※テント全般に言えることですが、テントは風の影響を受けやすくなっています。
そのため、今回ご紹介したワンタッチタープテントも、使用の際には風対策が必要になります。
風対策には、かんたんウェイト(おもり)(10kgタイプ・4個セット) ワンタッチテント用がぴったり。

水を入れて使用するタイプなので、持ち運びが楽。突風に強くなるので、安心安全ですよ。


■タープテント用・風対策オプション品特集ページ
タープテント用ウエイト(おもり)・風対策特集


また、補足として運動会の持ち物リストまとめていますから、初めて運動会に参加される方は要チェックです!

■快適な待ち時間を過ごすためのアイテム
運動会テント
・コンパクトチェア
・小型クッション
・カメラ、一脚(または三脚)
・タオル、うちわ、帽子
・ブルーシートと段ボール(地面が固い、石などを踏まないように)

■お弁当を楽しく食べるためのアイテム
・お弁当、お箸、お皿
・クーラーボックス(保冷剤)
・飲み物
・折りたたみ式テーブル
・ウェットティッシュ
・ゴミ袋

運動会が始まると数時間、屋外にいることになります。出来る限り体の負担を軽くするようなグッズを用意しましょう。
熱中症対策も忘れずに。教育機関によってはNGとなっている物もあります。事前に確認してくださいね。

利用用途によってサイズ、価格など、納得できる内容でお選び頂けますので、

テント選びに苦労されている方に是非チェックして頂きたいアイテムです。

 

 

5.まとめ

運動会の風景_5

運動会は年に1回だけですが、できるだけ快適な環境で過ごしたいですよね。
従来の組み立て式のテントは設営に時間がかかり、それだけで疲れてしまって撮影や観戦にとても苦労していました。

ワンタッチタープテントがあれば、設営などの経験が無い方でも簡単に設営が出来、

持ち運びしやすいので、大変便利です。


また、ご家庭でお出かけの際も車に積んで持っていくことが出来ますし、アウトドア・レジャー全般で大活躍。
運動会のテントとして利用し、海水浴の日よけ、ピクニックなど、多彩な様々シーンで利用できるワンタッチタープテントはいかがでしょうか?

弊社、アイテントワンタッチタープテントをご検討いただける場合は、是非一度ご相談ください。
 


お問い合わせ

 

 

<関連記事>

●【初心者必見】タープ・テントとは?タープテントならアイテント
●タープテントおすすめ5選!人気商品をご紹介
●タープテントがおすすめ!|人気順のランキング紹介
●【バーベキュー】タープテントを使用するメリットとは?

 

 

<人気の記事>
●卒団記念品・卒業生の寄贈品にイベント用テントを是非どうぞ!

 

カテゴリ: テント選びについて
UPDATE: 2019/09/24

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

PAGE
TOP