card

面倒な運動会を快適に!|ワンタッチタープテントの活用法

運動会の準備はとても大変!少しでも面倒を減らすには?

もうまもなく運動会シーズンに入りますね。
運動会は子供たちの成長が見られる学校行事で、毎年楽しみにしていらっしゃる親御さんも多いと思います。

しかし、運動会というと

準備がとてつもなく大変で面倒なんですよね…。


朝早くに起きて昼食時のお弁当づくり、撮影機材の運搬。

 

運動会が始まれば、子供を追いかけて撮影したり、お友達の親御さんに挨拶まわりしたりなど、保護者の方にとっては試練の一日になります。

また、それにくわえて運動会が行われている5月、9月前後は夏ではありませんが、30℃近くの真夏日になることも多々あり、心身ともに疲れきってしまい、毎年の運動会が憂鬱になってしまう方もいらっしゃいます。

運動会では、生徒・保護者・来賓など、たくさんの人が集まりますから、より熱気を感じやすい環境になっています。楽しく観戦するため、お互いに譲り合いの心を持つことも重要ですが、熱中症対策に便利な運動会用のワンタッチタープテントを活用しませんか?

テントというと、昔ながらの「組み立て式のパイプテント」が一番馴染み深いのではないでしょうか?

昔ながらの運動会の準備では、このテントの設営に手間と時間がかかり、苦労しましたよね…。

しかし、最近人気のワンタッチタープテントはその名の通り、

ワンタッチであっという間に設営が可能な簡易テントなんです!

とはいえ、テントというと種類も多くて、ワンタッチタープテントが一体どんなものなのかイメージし辛い方もいらっしゃると思います。今回は、面倒な運動会を少しでも快適に過ごすためにも、ワンタッチタープテントの活用方法についてご紹介していきたいと思います。

■目次

1.ワンタッチタープテントのメリット・デメリット
2.ワンタッチタープテントの選び方
3.運動会におすすめのワンタッチタープ、オプション品
4.まとめ

 

 

1.ワンタッチタープテントのメリット・デメリット

メリット・デメリット

そもそも、なぜ運動会向けにワンタッチのタープテントが人気なのでしょうか?

その理由について、メリット・デメリットを解説いたします。

メリットは、以下の4つのポイントです。

●袋から取り出してすぐに設営が可能
ワンタッチタープテントの最大の魅力は、袋から取り出してすぐに設営出来るところです。

部品を組み立てる必要がないため、設営の手間が大幅に省けます。

●簡単設営できて初心者に優しい
ワンタッチタープテントは、設営や収納方法がとても簡単です。設営方法は、フレームを広げて脚を伸ばすだけ。収納の際はその逆手順を行うだけで、初心者の方にも優しい扱いやすい設計になっています。

●軽量で力に自信がない方も扱いやすい
ワンタッチタープテントの骨組みは、構造上シンプル設計になっています。そのため、コンパクトサイズ(2m~3mサイズ)のテントは、しっかりした骨組みのものでも、15~20kg程度と比較的軽量で運搬に便利です。

●急な天候変化に対応可能
運動会は屋外で行われますから、天候の変化にも注意が必要です。

通常であれば、ワンタッチタープテントは日よけの目的で使用しますが、急な降雨にも対応出来ます。

また、さらに天候状態が悪化した場合には急な撤収と退避が必要になる場合もあります。

ワンタッチタープテントなら、すぐに収納が可能ですから、運動会用のテントにおすすめです。

 


次はデメリットについてです。

デメリットは以下4つのポイントです。

●値段が高くなりやすい
ワンタッチタープテントは大変便利なテントですが、キャンプ用のテントや組み立て式のパイプテントと比較すると、割高になります。これは、他のテントと異なり、各部品が一体化しているという骨組みの特徴のためです。

また、骨組みの素材によっても価格が変わります。
主に骨組みの素材はアルミとスチールの2種類に分類されます。

アルミ製の骨組みは軽量で錆に強いですが、重量が軽い分風に弱く、価格が高くなります。
スチール製の骨組みの場合、重量があり風に強く、価格も比較的安価ですが、錆に弱いです。

●厳重な風対策が必要
テントは風の影響を受けやすいため、使用の際は風対策を行うことが必須とされています。特に、ワンタッチタープテントは軽量なものほど風に飛ばされやすいため、安全を考慮してしっかり風対策をすることが必要です。

●常設用での使用ができない
簡易テントであるワンタッチタープテントは、軽量化された天幕に骨組みを使用しているため、耐久性の問題から常設使用には向いていません。常設使用が目的の場合は、重量があり設営も大変ですが組み立て式のパイプテントが適しています。

●粗悪品のテントに注意
かなり安価なタープテントが販売されていることがありますが、粗悪品ですぐに壊れてしまったという事例があります。値段との相談も大事ですが、タープテントのご購入をお考えの方は、アフターサービスの充実したメーカー製のものをご検討ください。


→タープテントとは?についての記事はコチラ

 

 

2.ワンタッチタープテントの選び方

タープテント_2

ワンタッチタープテントは大変便利で、様々なシーンで利用することが出来ます。

そのため、選ぶ際に迷われる方もかなり多いはずです。

ワンタッチタープテントを選ぶポイントについての詳しい説明は、
コチラの記事をご確認ください。


→超軽量!おすすめのワンタッチタープ6選!事前チェックポイント

 

 

3.運動会におすすめのワンタッチタープ、オプション品

運動会に最適なタープテント特集一覧

 


運動会用のタープテントには、比較的コンパクトサイズのものが求められています。まずは、取り扱い易い軽量なワンタッチタープからご紹介いたします。

■イージーアップ ワンタッチタープテント DMJ29【2.9m×2.9m】


アメリカのブランド、イージーアップのワンタッチタープ DMJ29はいかがでしょうか?スチール製ながら重量は12.6kgと大変軽量で、初心者や女性の方にも安心してご使用いただけるテントです。ローラーキャリーバッグが付属しているため、持ち運びに大変便利になっています。

■イージーアップ ワンタッチタープテント DMJ35【3.5m×3.5m】


DMJ29のサイズアップモデル、イージーアップのワンタッチタープ DMJ35です!3.5m×3.5mサイズと広々したテントですが、総重量は15.7kgとこちらも大変軽量になっています。保護者の方の持ち込み用テントとしても人気ですが、少年スポーツクラブのチームテントにも大変好評です!

■アイテントオリジナル ワンタッチタープテント T3030【3.0m×3.0m】


小型サイズがご希望なら、アイテントオリジナル ワンタッチタープテント【3.0m×3.0m】をおすすめします。3.0m×3.0mと小規模だから、他の保護者の邪魔にもなりません。たったの1分で設置・撤収が完了します。しかもキャリーバッグ付きで、持ち運び楽々。このサイズなら、スペースが限られている学校でもイチオシです。

■アイテントオリジナル ワンタッチタープテント T3045【3.0m×4.5m】


親族が集合するなら、アイテントオリジナル ワンタッチタープテント【3.0m×4.5m】がぴったりです。3.0m×4.5mと横長サイズ。広々とした校庭があるなら、この大きさでも問題ありません。みんなで、可愛い子どもを応援しましょう。

また、タープテントを使用するなら、風対策も行っておきたいところ。イベントでは、しっかりとルールやマナーを守りましょう。
風対策には、かんたんウェイト(おもり)(10kgタイプ・4個セット) ワンタッチテント用が向いています。水を入れて使用するタイプです。突風が来ても、倒れることはありません。子どもや近くにいる人達も安心ですね。

 

 

4.まとめ

運動会ゴール

最近の保育園・幼稚園・小学校では、保護者の方が持参する運動会テントを許可しているところも多くなってきているように見受けられます。

お弁当づくりや場所とり、撮影にお友達の親御さんとのコミュニケーションなど、保護者にとって大変なことだらけの運動会。

ワンタッチタープテントは、設営の手間が省け、しっかりと休憩できるスペースを確保できますから、大変で面倒な運動会の頼もしい味方になってくれます。

ワンタッチタープテントをたくさんの人に知って頂き、少しでも運動会の苦労や面倒さを和らげることに役立ててもらえれば幸いです。

とはいえ、使用にもルールやマナーを守ることも大切です。運動会などの行事で、テント・タープ利用時に気を付けたいポイントをまとめました。

まず、運動会テントを設置してもOKな場所を確認しましょう。学校やママ友に聞いておいたほうが無難です。撮影スペースや通路として確保している場所も。ゴール付近やトラック周辺・前方はNGという場合もありますよ。

組み立てる際も注意しましょう。周囲の方の使用する運動会テントと、近すぎませんか。狭すぎて歩けない場合、カメラマンの移動が難しくなってしまいます。苦情が来てしまうかもしれません。

また、風対策は万全に。突風にあおられてタープテントが倒れ、けがしてしまった、なんてことは防ぎたいですよね。ペグを刺したり、おもりを付けたりして、しっかり対策することが重要です。
→風対策用品をご検討中の方はコチラ


笑顔で運動会を過ごし、子供たちとの楽しい思い出を作りましょう!

 


お問い合わせ

 

 

 

<関連記事>

●【初心者必見】タープ・テントとは?タープテントならアイテント
●タープテントおすすめ5選!人気商品をご紹介
●タープテントがおすすめ!|人気順のランキング紹介
●【バーベキュー】タープテントを使用するメリットとは?

 

 

 

 

カテゴリ: テント選びについて
UPDATE: 2019/09/26

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

PAGE
TOP